ホーム » スポンサー広告エンターテインメント » 苛酷な環境が引き金? NHK万引プロ作り出す背景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

苛酷な環境が引き金? NHK万引プロ作り出す背景

名物番組「プロジェクトX」を成功させた輝かしい栄光が、万引事件で台無しとなったNHK制作局の今井彰エグゼクティブ・プロデューサー(52)。局の信頼失墜は免れないが、犯行の背景には、一部幹部から受けた“パワハラ”があったと指摘する声も。NHKの体質に問題はないのか。

 今井EPは犯行前日の11月29日、東京・赤坂ACTシアターで、自身とゆかりの深い人物の舞台を鑑賞していた。「プロジェクトX」の主題歌「地上の星」をヒットさせたシンガーソングライター、中島みゆきの音楽劇「夜会」だ。目撃した関係者は「今井さんは妙齢の女性を連れていて、上機嫌の様子だった。まさか万引をするとは…」と驚く。

 事件を受け、NHKの八幡恒二理事(コンプライアンス担当)は1日、謝罪会見を開き、今井EPの人柄について「とても仕事に対して意欲的。評価も高く、外部でも講演をやってる。優秀なプロデューサーには変わりない」と説明した。

 担当したNHKスペシャルなどの番組で日本ジャーナリズム会議本賞、ギャラクシー優秀賞などを受賞。2000年3月から05年12月まで人気番組「プロジェクトX」の全187本を手がけ、菊池寛賞、橋田賞などを受賞している。

 だが、「“出る杭は打たれる”のがNHKの体質」と、制作スタッフは、こんな内部事情を打ち明けた。

 「今井さんは海老沢勝二元会長時代に頭角を現した人。ある幹部からは『お前は海老沢に気に入られて、講演で稼げるからいいよな』などと皮肉を言われ、悩んでいた。あれじゃあ、パワハラまがいのイジメですよ」

 NHK側のヒアリングに対し、はっきりした動機は明かしていないというが、重なったストレスが犯行の引き金になったのだろうか。

 精神科医のヒガノクリニック、日向野春総院長は、「男性の万引は、家庭不和による性欲の抑圧、社会的抑圧を受けている人に多い」とした上で、「家庭に温かさがなく心が満たされない場合、仕事の能率や評価が厳しくなるなどの過酷な環境も引き金になる。本人しかわからないだけに、取り調べの警察官や普通の人は理解できない」と語る。

 一方、元NHK政治部記者で椙山女学園理事の川崎泰資氏は「『プロジェクトX』は後半、かなり強引な作り方をしていた。それに通じる思い上がりがあったのではないか」と指摘する。

 NHKでは06年10月にも、当時の富山放送局長による万引事件が発覚している。

 川崎氏は「我々の現役時代では考えられないこと。本当に情けない。NHKの甘っちょろい体質の延長線にあると見られても仕方ない」と嘆く。万引事件を起こした元富山放送局長は、停職3カ月の懲戒処分を受け、その後依願退職したが、昨年11月、番組を視聴・批評する「専門モニター」として、1年間の委嘱契約を結んだ。

 他にも、セクハラ行為や不正経理で更迭されたり、懲戒処分を受けたりした元地方放送局長が子会社や関連団体に再雇用され、事実上の“天下り”となったケースもあった。川崎氏は「普通の企業じゃ絶対に考えられない。きちんと解雇すべきだ」と訴える。

 NHKでは「事実関係を確認した上で、厳正に処分する」としているが、NHKの体質そのものが吹き出した形だ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081202-00000007-ykf-ent12月2日17時8分配信

う~~ん、なんとなく同情したりして・・・。

今井さんも大変だったのね。

でも、NHKももっと大変ね。

どうする? NHK・・・。

食品会社のように「廃業」でもしてみるか・・・?

でも、国営放送(!?)なだけにそれもできないし、

このまま、スキャンダラスな体質を引きずりながら、続いて、いててて・・・(ホント、痛いなあ!)

ゆくのだろうか。

かわいそうなのは、一般職員。

(職員の)子供たちの、
学校でのイジメネタに転化されてなきゃ、いいけど・・・。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。