ホーム » スポンサー広告国内 » 「裁判員候補者の通知が届いた」ネットでの公表には注意を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

「裁判員候補者の通知が届いた」ネットでの公表には注意を

最高裁判所は1日、裁判員候補者となったことをインターネットなどで公表するなど、不特定多数の人が知ることができるような状態にすることは、法律上禁止されているとして注意を呼びかけた。

 裁判員制度は、地方裁判所で行われる刑事裁判について、抽選で選ばれた国民が参加し、被告人が有罪かどうか、有罪の場合はどのような刑にするのかを裁判官とともに決める制度。2009年5月21日からの制度実施に先立ち、裁判所では2009年の裁判員候補者に対して11月28日に通知を発送したが、通知が届いたことをブログ掲示板などで公表する人が相次ぎ、問題となっていた。

 裁判員法では、裁判員候補者となったことを、個人が特定できる形で不特定多数の人に公表することを禁じている。法律上の罰則は無いが、最高裁判所では裁判員候補者となったことを公にすることを禁じているのは「裁判員候補者となった人のプライバシーや生活の平穏を守るため」と説明。ブログなどに書き込むことは、匿名であっても、その他の書き込みなどから個人が特定される場合には法に触れることになるとして、十分注意してほしいとしている。

 一方、日常生活の中で、家族や親しい人に話すことは禁止されておらず、上司に裁判員になったことを話して休暇を申請したり、同僚の理解を求めることは問題ないとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081202-00000015-imp-sci12月2日14時30分配信

ふっふっふ、明智君。

とうとうきたね。 裁判員・・・って、言ってどうする。

あんだけ、前もって宣伝してるようでも、

・・・いるよね。

「俺、裁判員になったよ。」

「あたし、裁判員だって、どうしよう!」って輩(やから)が。

こんだけ、ネットが普及したら、いるでしょ。

言うやつが・・・。

甘いよね。 法務省も・・・。

世間知らずというか、人間心理を知らないというか、

ま、どんだけ、広報に力(ちから)入れてもしょうがないよ。


それよか、いい裁判ができるよう、フォロ-アップ、よろしく!!



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。