ホーム » スポンサー広告国内 » テレ東女性記者に秋山純、鼠先輩…恐るべき「モナ余波」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

テレ東女性記者に秋山純、鼠先輩…恐るべき「モナ余波」

世の中、周囲に多大な影響を与える歴史的な人物がいるものです。
 独特の「トルネード」投法で世界最高峰の大リーガーを震撼させた野茂英雄投手が引退を表明、各方面から惜しむ声が上がりました。そして再びの不倫騒動となった山本モナさんにもやはり各方面からご意見が…。世界的な原油価格高騰は水産国日本を支える漁船を一斉休業に追い込んでしまいました、
 北京五輪開幕まで20日を切りました。決戦前夜の雰囲気が漂い始めたこの一週間を振り返ります。

【写真で見る】恐るべき「モナ余波」

 それにしても山本モナである。先週末に飛び込んだ巨人・二岡智宏内野手とのラブホ不倫報道の余韻は、予想外に週明けも収まらなかった。
 イケメン代議士との衝撃の“路チュー”によるキャスター降板から1年9カ月。ようやくつかんだフジ系新番組でのキャスターは、この騒動で出演見合わせ、所属事務所が謝罪文を公表するという事態になった。番組ではコンビを組んだ男性アナが不倫騒動のモナ不在を謝罪したが、なんの因果かこの放送、日曜夜としては異例の視聴率2ケタ台をたたき出したというから、不幸中の幸い…。
 この騒動に関しては、様々な分野の識者が意見を具申した。異色なのは北京五輪男子柔道100キロ級の日本代表、鈴木桂治が「バカタレか!」と激怒。さらに激辛ブログで知られるお笑い芸人、なべやかんは「ラブホテル大使になるとか」と転職をススメ、舞台に出演中の関根勤は「ぜひ“普通”の彼氏と見にきて」と呼びかけ、大の巨人ファンで知られる歌手、美川憲一は「一流ホテルのスイートルームでやった方がかっこいいわよ」との毒舌を浴びせた。
 球界からは世界の王貞治・ソフトバンク監督が二岡選手に「野球選手が9800円のところに行くな!」と叱れば、上司である巨人・原辰徳監督も「力ずくではい上がってこい」とキツ~いエールを送った。

 モナ騒動に触発されたのか、俳優・藤木直人不倫、キャバ嬢を流産させたとの衝撃報道や、演歌歌手の鼠先輩は自叙伝でAV出演を激白、女性とのツーショット写真がネット流出した秋山純がジャニーズ辞めた。不穏だったのが新婚の藤原紀香が吉本芸人、なだぎ武とキス、そのショックもあったのか、旦那の陣内智則は生番組に大遅刻して土下座なんて出来事も。ドロドロしたなか、一風の清涼感を漂わせたのはミス・ユニバースにベネズエラ代表のニュースだった(各国美女の水着姿を見逃した方は決定直前水着フォト特集と、コンテスト風景の「各国代表が水着で火花」でご確認を)
 モナ騒動はとうとう財界にまで波及したのか、みずほCB頭取がテレ東女性記者と不倫路上キスというビックリ仰天の報道も。「バッカじゃなかろか」といった意見もあるが、その影響力は並々ならぬものがありそうで…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080721-00000930-san-soci

今週のおまとめニュースです。

山本モナさんの騒動、まだまだ尾を引いてます。

俳優・藤木直人不倫、キャバ嬢を流産させるとは精がありあまってま・・・。

果ては、みずほ銀行頭取までが不倫・・・。

世の中、平和なんでしょうか?

平和なんでしょうね!

記事中にもありますが、一服の清涼剤がミス・ユニバースでしたね。

日本代表の美馬寛子、お疲れ様でした。

(でも、ミス・ユニバース なぜか、将来の夢は?

 と聞かれると「リポーター」と言う人が多いのはなぜ?)



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。