ホーム » スポンサー広告国内 » 「クラブきっず」に無断転載の変態元教師、小学校運動会で写真撮りまくり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

「クラブきっず」に無断転載の変態元教師、小学校運動会で写真撮りまくり

東京都世田谷区の区立小学校に無断で侵入したとして、警視庁北沢署は3日までに、建造物侵入の現行犯で、元小学校教諭・渡辺敏郎容疑者(35)を逮捕した。渡辺容疑者は、交通事故死した児童らの生前の写真を自らのホームページ「クラブきっず」に無断転載したとして児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ頒布)容疑などで逮捕され、昨年7月に執行猶予付きの有罪判決を受け、5年間の保護観察中だった。

 あの変態教諭が“活動再開”していた。調べによると、渡辺容疑者は、1日午後2時ごろ、運動会を開いていた小学校に侵入。一眼レフのカメラで児童を執拗(しつよう)に撮りまくっていたという。

 この小学校では、保護者にはリボンを配布し、部外者の侵入を防止していたが、受け付けをすり抜けて、入り込んだようだ。写真の撮り方を不審に思った保護者が、リボンをつけていないことを確認し、学校職員と取り押さえ、110番した。

 「子供が好きだった」「子供の写真を撮るのが目的だった」と供述しているという。同署によると、押収したカメラに収められていた画像は、この運動会のものだけだったといい、ショルダーバッグの中に所持していたパソコンの中身を解析中という。

 渡辺容疑者が昨年まで開設していたホームページ「クラブきっず」は、交通事故や戦争、災害で死傷した児童の遺体の写真を遺族に無断で掲載し「笑顔がペチャンコになってしまった」「失禁しちゃってました」などと説明文をつけていた。昨年2月、少年の裸の写真を電子メールで送ったとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ頒布)の疑いで警視庁に逮捕。その後、著作権法違反でも逮捕、起訴された。

 公判では「児童の写真を見て、その子の元気ではつらつとした姿を思い浮かべると、性的感情が高まってくる」と、自らの“異常性癖”を告白。昨年7月5日、東京地裁から懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の判決を受け、保護観察中だった。

 さいたま市の容疑者の自宅マンションの近隣に住む20代の女性は「2か月ほど前に引っ越してきたようですが、話したことはなく、普通の印象でした。まさかそういう人だったとは」と絶句した。同署では容疑者宅を捜索し、余罪を追及する方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080604-00000086-sph-soci 
このブログの記事の無断転載はご遠慮ください。また、引用記事の著作権は引用先にあります。

なんか、どこかで見たことあったなあと思ったら、あの渡辺さんかあ。

いくら、ビョーキとはいえ、性癖は抑えられないかあ。

感情はコントロールしてこそ、人間であって、

これじゃ、動物だよね。

感情のおもむくまま、なんて言葉もあるけど

それを使っていいのは音楽、絵画、書とかの芸術活動だけだよ。

TPOをわきまえて、人として行動しようよ。


関連記事
タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。