ホーム » スポンサー広告国内 » 子どもでも酒飲める…うわさの店の女ら書類送検

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

子どもでも酒飲める…うわさの店の女ら書類送検

横浜市居酒屋で小中学生に酒を提供したとして、中国籍の従業員と店を風営法違反(未成年者への酒類提供)容疑で横浜地検川崎支部に書類送検した、というニュースがありました。


なんでも、この居酒屋「この店では子どもでも酒を飲めるとうわさがあった」というのですからなんとも驚きです。なんでそんなことがわかったか、ですって?警官が女子生徒を補導したら「酒臭かった」というのです。それにしても、「子供でも酒が飲める」なんて!


ところで、未成年なのに飲酒した場合、罰金がとられることを知ってましたか?
未成年飲酒禁止法では、「未成年者に酒を販売した者を50万円以下の罰金に処す」とあります。販売した店とそれを売った店員に罰金刑が課されるわけです。


また、「ちょっと一杯くらいいいだろ」と親が子供に勧めるなんてことがあるかと思いますが、この場合でも未成年者が飲酒をすることを制止しなかった親権者を科料に処すとしています。「科料」とは、犯罪人名簿(市町村役場にあります)には記載されませんが、検察庁保管の前科調書には記載され、前科となってしまうそうです。


いや~、知りませんでした。

 
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。