ホーム » スポンサー広告国内 » <大飯再稼働>「福島の教訓どこへ」避難住民、怒りと落胆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

<大飯再稼働>「福島の教訓どこへ」避難住民、怒りと落胆

「国民生活を守るため」と繰り返し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を表明した野田佳彦首相。地元福井県への配慮がにじむ異例の記者会見が開かれた8日、原発を抱える各地の知事からは一定の評価をする声が上がった。一方、再稼働に反対してきた市民には「福島の教訓はどこへ行ったのか」と落胆や怒りが渦巻いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000006-mai-pol

ついにヤッちゃいましたね。野田さん!
政府のこうした行動はたいていバックにいろんな思惑が絡んでるもんです。
「国民生活を守るため」なんちゃって、実は「私のサイフを守るため」なんてお腹の中で言ってたりして・・・。
再稼働認めてくれれば、ボーナスよ・・・電力会社 → 座布団1枚!?)

大阪市長橋下さんが言ってたように、これが夏限定ならわかります。
また、「綺麗事は抜きにして・・・」と橋下さんのようにはっきりと言ってくれたほうがスッキリ納得できるもんですよ。
野田さん。

福島原発の事故で、すっかり信用をなくした政府ですが、ナンカ未だにあの当時と発言や行動が変わっていないと感じるのは、私だけでしょうか?(そんなことないですよね。この記事よんでる貴方もそう思いませんか?)

どっちにしても、政府の大臣やお役人が今の発言や行動のままでは、ますます橋下さんの存在が目立ちますね。




関連記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。