ホーム » スポンサー広告国内 » カウス夫人、前田五郎の年賀状から「ピンときた」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

カウス夫人、前田五郎の年賀状から「ピンときた」

きっかけは女のカンだった?! 吉本興業所属の漫才師、中田カウス(59)宅に届いた脅迫状の筆跡が、同じ吉本所属の漫才師、前田五郎(67)の筆跡と似ていた問題で、最初に筆跡の類似に気付いたのはカウス夫人だったことが26日、分かった。前田の年賀状の文字を記憶していて「ピンときた」といい、吉本興業はカウス側からのこうした指摘をもとに独自の筆跡鑑定を行った。
吉本の関係者によると、脅迫状は郵便で4月3日にカウスの自宅に届いた。その際、カウスの夫人が「以前届いた前田五郎さんの年賀状の文字によく似ている」と気付いた。指摘を受けたカウスも「そういえばそっくり」と実感したという。

 脅迫状は、「山本」という差出人名で「舞台に立てぬ様にしてやる」などと書かれ、カウス以外にも吉本興業幹部2人の実名をあげ、同様に危害を加えることを示唆。角張った金クギ流の文字で書かれており、当初はわざと字を崩しているともみられたが、関係者によると、前田も同様の特徴ある筆跡だった。

 カウスらがその後、前田の相方の坂田利夫(67)に脅迫文の一部を見せた際も、坂田は即座に「相方の字」と証言した。そこで坂田やカウスが4月に2度にわたって、前田に「お前とちゃうのんか」と詰め寄ったが、本人は認めず、吉本が専門機関に正式に筆跡鑑定を依頼することを決めた。

 鑑定書では脅迫状を書いた人物と前田が「ほぼ同一人」と結論づけられたという。

 吉本の事情聴取に対し、前田は関与を否定したものの、同社では「世間を騒がせた」として当分の間、前田の舞台活動を見合わせることを決めている。

 渦中のカウスは前田の休養が決まった25日はオフだったが、午後になって吉本の大阪本社に立ち寄った。報道陣の呼びかけに「あしたから(なんばグランド花月で)出番や」と笑顔で返すなど、騒動とは対照的に、元気いっぱいだった。5月26日16時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090526-00000013-ykf-ent
人騒がせやね~。ホンマ。
どないなっとるじゃ~。

・・・って、いうても、ようわからんわ。

なんや、吉本の”お家騒動”いう話もあるみたいやけど、ホンマのところは
どないやねん。


カウスさんは1月9日にも、大阪市中央区日本橋2丁目の路上で、車の助手席に乗って信号待ちをしていた時、男(?!)に金属バットで窓ガラスを割られて、頭をド突かれて軽傷を負ったなんてこともあって、これからどないなるねん。
関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。