ホーム » 2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

イチローの引退時期 !?

イチローに「引退説」が囁(ささや)かれている。
今年の10月に40歳を迎えるが、「足が衰えたから」、「視力が落ちたから」という理由で、最近はイチローに代打が送られるようになった。


まもなく日米通算4000安打(あと100本あまり)に達するというのに、ここへ来てヤンキースの処遇は冷たい。年齢を考えて休養まで命じている、という。プロの世界は、そういうものと考えれば納得行くことかもしれない。


でも、それで納得できないのが人情だ。数字だけで全てが割り切れるほど世の中単純じゃない。日本人からみたイチローは大スター、トップアスリート。だが、アメリカ人からみたイチローはどうなんでしょ?


日本から”出稼ぎ”にきた一人?という見方もされているんじゃないのかな。こんなふうに書くと反発する人もいるかもしれないけど、メジャーからみたいわゆる外国人選手(?!)ってそんな存在なんじゃないかな。


「日米通算」なんていったって、好意的でないアメリカ人からすれば「面白くない」「メジャーはアメリカのもの。外国人が記録をつくるなんて・・・」という意見があってもおかしくない。


でも、イチローこそ、日本が生んだ最強打者。そう、同じ日本人だからこそ言える「頑張れ!イチロー。」
スポンサーサイト

子どもでも酒飲める…うわさの店の女ら書類送検

横浜市居酒屋で小中学生に酒を提供したとして、中国籍の従業員と店を風営法違反(未成年者への酒類提供)容疑で横浜地検川崎支部に書類送検した、というニュースがありました。


なんでも、この居酒屋「この店では子どもでも酒を飲めるとうわさがあった」というのですからなんとも驚きです。なんでそんなことがわかったか、ですって?警官が女子生徒を補導したら「酒臭かった」というのです。それにしても、「子供でも酒が飲める」なんて!


ところで、未成年なのに飲酒した場合、罰金がとられることを知ってましたか?
未成年飲酒禁止法では、「未成年者に酒を販売した者を50万円以下の罰金に処す」とあります。販売した店とそれを売った店員に罰金刑が課されるわけです。


また、「ちょっと一杯くらいいいだろ」と親が子供に勧めるなんてことがあるかと思いますが、この場合でも未成年者が飲酒をすることを制止しなかった親権者を科料に処すとしています。「科料」とは、犯罪人名簿(市町村役場にあります)には記載されませんが、検察庁保管の前科調書には記載され、前科となってしまうそうです。


いや~、知りませんでした。

 

東京ディズニーランドのアトラクション止める?!


最近、テーマパークで、いわゆる迷惑行為をして、ブログツイッターで自慢するという報道が相次いでいます。よせばいいのに、2chなどでリンク貼って(自分の)ブログに誘導して、「もう来るな!」「入園禁止だ!」など書き込まれ、「炎上」騒ぎになる始末。なんかやるせなス!


1例を挙げれば、USJで神戸大学の学生がジェットコースターから身を乗り出して運行を止めさせたり、同志社大生が同じくUSJのアトラクションで騒ぎを起こしたり、などなど。パリのディズニーランドでは、アトラクションから身を乗り出した、とツイッターで自慢したりする輩も出る始末で、収集がつかないカンジです。


なんか、マナーもクソもない小学生の悪ガキ、といった感じですね。
まあ、それを言えば知り合いの清掃員のオバちゃんが口説いてました。「トイレの扱いがひどい」(;´Д`) って・・・。


オバちゃんは、仕事でビル清掃の仕事をしてるけど、受け持ち(担当)の、とある会社のビルのトイレが非道いって話です。どう非道いか、ここでは(呆れて)書けません。「まるで小学生!」そう吐き捨てるようにオバちゃんは言ってました。

ボストン爆発の容疑者拘束に歓喜、市民200人が集結

アメリカって、自由な国で個人主義が横行してて、身勝手な人が多い・・・、そんな印象がありました。でも、今回のボストンマラソンの事件のように何かきっかけがあると団結するんですね。別にどの国が、なんていう必要はないかもしれませんが。


なにかきっかけがあれば皆の意識が一つになる。ジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)が拘束されたことで、ボストン、フェンウェイ地区の通りには大勢の人が集まり、口々に大声で「USA! USA!」と叫んだそうです。


車の上にあがったり、通りで踊り出した人もいた、とか。今回の事件では外出禁止令が出されていたこと、その解除もあって喜びが爆発したのかもしれません。


・・・日本はどうなんでしょうか?竹島尖閣諸島で色々ありましたが、日本人はこんなに騒いだりしませんでした。おとなしいんだか、何も考えていないんだか、確かにアメリカ人あたりからすれば、「ナニ考えてるんだか、ワカンない」と言われそうですね。


村上春樹さんの新作『色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年』の評価は?

村上春樹さんの新作色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年』(文芸春秋)が12日に発売され、大変なヒットで増刷が続き、発行部数はすでに80万部に達した、とのこと。


世界的な人気作家村上春樹さんだけに「別に驚くことじゃやない」なんてご意見もあるが、3年ぶりの長編小説なだけには、熱心なファン、いわゆる“ハルキスト”にとっては大変なことのようです。


まあ、発売開始が午前0時なんて、F●やドラ●エのような超有名ゲーム、ウィンド●ズOSの発売を思い出してしまいました。ファンでもない私から見れば、1作家にそこまでするファン心理は理解できません。


いったい、どんな本なのか、興味が湧きませんか?今のご時世、ネットでなんでも検索できてしまうから(但し、そこで得た情報がホントかどうかはわかりません。)
ホントに知ろうとしたら読むしかありませんが、取り敢えず、調べてみました。


「多崎つくる」という男が、自らの過去と正面から向き合い、人生を生き直そうとする物語、だそうです。それだけのこと?と思ってしまえば、ホントそれだけなんですがファンにとっては村上春樹さんの文体にふれ、その世界に浸かることが、一種快感なんでしょうね。

ファン心理ってそんなものじゃないでしょうか。いったい、どこまで売れるのか?個人的にはそちらに興味があります。

アベノミクスはいつ崩壊?

TVを見ていたら、ある評論家が「いまや、日本経済はこれで復調する、という世間の空気だがホントにそうなんだろうか?」という疑問を投げかけていた。TV、新聞、雑誌等いろんなメディアでは日本の経済は復活する、という論調ばかりでこれに反対する意見が聞かれない。


”人は信じたいものを信じる”ということから、景気回復を望む人々のホンネがいま世間を渦巻いているのだろうが、前述の評論家曰く、「実態経済は世間が言うほど良くはない」というのだ。


例えば、首相の発言を受けてボーナスの満額回答を出した、とある業界は景気がいいわけじゃなく販売数が落ちている。単に円安の恩恵を被ってその差益を還元したにすぎない、という。また、とある業界にいたっては世情に逆行するようなリストラの真っ最中。とても日本経済は・・・なんて言える状況にない、という。


景気の裏付けがない今の状況は「まさにバブル」というわけ。
バブル」なだけに泡がいつはじけてもおかしくない。じゃあいつまでこの好景気?!はつづくのか。アベノミクスへの期待感で膨れたこの景気はこれからどうなるのか?


このまま続いて欲しいのは人情。でもそんな、人の心情は得てして簡単に破れてしまうもの。なにがあってもいいように準備だけは怠り無く、ご用心。リスク管理は大切ですねえ。

世界初の子宮移植した女性が妊娠!

トルコで、世界で初めて子宮移植した女性が妊娠した、というニュースがあった。
喜ばしいことなんでしょうが、なんとこの女性デルヤ・セルト(Derya Sert)さん(22)は生まれつき子宮のない女性(「子宮欠損症」というそうです。)で、2011年8月に子宮移植の手術を受けた。


成功した例はこれまでなく、セルトさんの成功は「医療の奇跡」とまで言われたそうだ。
ちなみに子宮欠損症の女性は世界で5000人に1人いるらしいが、(何らかの理由で)子供が授からない女性にとってうれしいニュースになるといい、と思った。


医療も命をもてあそんでいるとしか思えない実験があったりする中で、人々に希望を与えるこんなニュースにはホント、医学の進歩、発展は素晴らしいと素直に思えてしまう。


セルトさん、お幸せに。

淡路島地震 余震は?

今日(4月13日(土))午前5時33分に淡路島地震が発生しました。
震度6弱、骨折等けがで23人の方が負傷しました。(1日も早い復旧を祈念いたします。)


最近、日本列島は災害続きです。
爆弾低気圧に、地震。(TVでは、富士山爆発の予測についての番組もありました。)なんかイヤです。お隣、中国では鳥インフルエンザで20名の方がお亡くなりになったとか。


北朝鮮はミサイル発射するっていってるし、在日コリアンの方は「いいかげんにして」ってTVで訴えていました。
・・・なんか落ち着きません。世の中が・・・。


桜は今年もう散っちゃったけど、お花見してもなんか楽しめなくって。みんな心に不安を抱えて生きている。そんな様子がニュースからも、友達との会話からも伺えます。
こんなとき、何かを支えに生きていけたら・・・って思います。


もっと明るくって、前向きで、陽気に生きていきたいですものね。
人それぞれ「支え」は違うんでしょうが、あなたの「支え」ってなんでしょうか?

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。