ホーム » 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

堀北真希主演の“月9”ドラマ『イノセント・ラヴ』初回視聴率は16.9%

女優の堀北真希人気デュオゆず北川悠仁が出演する20日(月)放送開始の“月9ドラマイノセント・ラヴ』(フジテレビ系)の初回視聴率が、ビデオリサーチの調べで16.9%(関東地区・番組平均)ということが、わかった。堀北が主演するドラマの初回視聴率としては、同局『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(07年7月期)の15.9%を超えて最高記録となった。
堀北真希の写真付きプロフ
同作は、堀北演じる主人公・秋山佳音が1人の男性を愛し抜く等身大の女性を“現代の孤独”をテーマに描いていくヒューマンドラマ。脚本は『神様、もう少しだけ』『ラブジェネレーション』、近年では『ラスト・フレンズ』(全てフジテレビ系)のヒットが記憶に新しい浅野妙子氏が手掛けている。

 放送当日には堀北、北川が揃って『めざましテレビ』(同局系)に出演。北川が、交際相手といわれる高島彩アナウンサーと共演し、和やかなトークを展開するなど、ドラマ本編以外にも話題を集めていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081020-00000030-oric-ent
10月21日9時58分配信
真希ちゃん、好調ですね。マキマキ、またはホマキなどという愛称でも呼ばれていますが、この真希ちゃん。
中学2年生の時、部活動の帰宅中に畑道でジャージ姿で
スウィートパワー(所属事務所)にスカウトされたそうで、畑道というので
どんだけ田舎やねん、と思った方、マキマキは東京都出身なんですよ。
東京でも、どんだけ田舎やねん、ってこれ以上突っ込まないように。

でも、当初は断ったそうですが、ついには関係者による自宅訪問で、
芸能界入りを決めたそうです。

よっぽど、思い入れがあったんでしょうね。真希ちゃんに。

こういう娘は成功すると思います。

なんたって、それだけ人を惹きつけるナニカがあったということでしょうから。

これからが楽しみなマキマキ・・・でした。
スポンサーサイト

ノーベル化学賞 下村さんの母校 喜びに沸く

ノーベル化学賞受賞が決まったボストン大学名誉教授の下村脩さん。下村さんが学んだ大阪の住吉高校でも、在校生らが喜びをわかちあいました。

「(ノーベル賞)そんなことはないと思ってゆっくり寝てたんですがね。5時に起こされましたよ」(ノーベル化学賞・下村脩 ボストン大学名誉教授~8日)

 ノーベル化学賞に選ばれた下村脩さん(80)。

 現在はアメリカに住んでいますが、京都府福知山市の出身で、旧制住吉中学、今の大阪府立住吉高校で学びました。

「きょう知りました」
「まさか住吉高校の卒業生とは、びっくりです」(大阪府立住吉高校の在校生)

「(下村さんが)化学の式を書いたメモを見せて、ふっと僕が見たら学校でやってるのと全然違う内容で、この人はこういうのに興味あるんだなと(思った)」(住吉中の同級生・小林直夫さん)

 一方、物理学賞を受賞した京都大学の益川敏英名誉教授は、現在勤務する京都産業大学で、受賞後、初めての授業を開きました。

「ごめんなさい、変なことで騒々しくしまして」(京都大学・益川敏英名誉教授)

 9日午前9時から始まった講義は理学部の1年生が受講する専門科目「振動と波」。

 一躍、時の人となった教授に、学生たちは…

「難しかったです。(Q.どんな内容?)波」
「物理、全然わからなかったですけど、授業としては楽しかったです」
「字が小さい」
「字がきたない」(学生)

 益川教授は、理学部で週3コマの授業を受け持っているということです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/mbs/20081010/20081010-00000003-mbs-loc_all.html
10日0時20分更新

「字が小さい」
「字がきたない」(学生)

というコメントには、思わず笑ってしまいました。

でも愛されているんですね。学生から。

下村教授にしろ、益川教授にしろ、

ほんとに研究が好きなんですね。

好きこそものの上手なれ。
とは言いますが、研究熱心なことにはホントに感心しました。

下村教授は、
 「僕ははっきり言ってちっともうれしくない。でも、皆さんが喜んで下さるとそれを見るとうれしくなるね」といったそうですが、

非常に淡白な印象を受けました。

それにしても、立て続けのノーベル賞受賞。

受賞されたセンセイ方、おめでとうございました。



タグ /

「さくらんぼ女学院」を摘発

児童ポルノ、プロバイダーは強制遮断を…警察庁が協議会
ネット上にあふれる児童ポルノ対策として、警察庁は、ネット利用者が違法なサイトを見ようとしても接続できなくする「ブロッキング」制度を民間のプロバイダー(接続業者)が自主的に運用できるよう、6月2日にプロバイダーなどと協議会を発足させる。

 違法サイトの画像がネット利用者に次々にコピーされ、他のサイトに転載される現状に歯止めをかけるのが狙い。来年度にも官民共同で実証実験を始め、技術的な課題などを検討する。法整備の遅れから、児童ポルノ対策の「後進国」と国際的に批判されている汚名を返上できるか注目される。

 「これは、あの時に撮影された映像じゃないか」

 昨年9月、神奈川県警が児童ポルノ投稿サイト「さくらんぼ女学院」を摘発した時、捜査幹部は、投稿されている動画の一つに見覚えがあることに気づいた。

 同県警は2005年3月、児童ポルノを撮影した男を児童福祉法違反容疑で逮捕した。問題の動画に映っていたのは、この男にだまされた当時11歳の少女。映像がネット上に流出し、それをマニアが投稿していたことがわかった。

 さくらんぼ女学院は05年5月に開設されてから1日平均約5万件のアクセスがある人気サイトで、摘発されるまで計6155万件ものアクセスがあった。摘発後もマニアが投稿した動画や画像はコピーされ、11歳の少女の動画の場合、検索サイトで調べると、同じタイトルが10万件以上あるのが確認されている。

 警察庁によると、昨年1年間に摘発した児童ポルノサイト絡みの事件は、過去最多の254件。さくらんぼ女学院と同様、ほとんどのサイトの児童ポルノがマニア間でやり取りされ、ネット上に流出している。

 ブロッキングは、こうした児童ポルノをネット利用者が閲覧できないよう、警察の情報などを参考に作成した「ブラックリスト」を基にして、プロバイダーが違法なサイトへの接続を強制的に遮断する制度。海外のサイトも対象となり、「児童ポルノの閲覧→画像の取り込み→他のサイトへの投稿→拡散」という悪循環を絶つ決め手として期待されている。

 同様の制度は、少なくとも10か国で導入され、日本でも昨年6月、ブロッキングの技術開発を進めることを盛り込んだ「児童買春・児童ポルノ禁止法改正案」が国会に提出されたが、審議は難航している。

 このため警察庁は、プロバイダーによる自主規制の形で運用している英国をモデルに、協議会の場で技術的な課題や法律との兼ね合いを検討し、民間による自主運用を促したい考え。携帯電話のサイトも対象にするため、携帯電話各社にも協力を呼びかける。

 ◆ブロッキングに北欧型と英国型◆


 ブロッキングを巡っては、スウェーデン、ノルウェーなど北欧では違法サイト全体への接続を遮断する方式を、英国、カナダなどでは、児童ポルノが掲載されたページだけを閲覧できなくする方法を採用している。

 「マイクロソフト日本法人」法務・政策企画統括本部技術標準部長の楠正憲さんは「北欧型の場合、児童ポルノではない部分まで閲覧できなくなり、表現の自由との兼ね合いが難しい。英国型は処理する情報量が増え、設備投資が莫大(ばくだい)になる。実証実験を重ね、日本にあった方式を模索する必要がある」と指摘している。6月1日3時13分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090531-00000850-yom-soci

ポルノとネット、切っても切れない関係ですねえ。
プロバイダー側と協力するしかないのは、わかりますがやはり何といってもUPする側の人間の良識に期待するしかないですよね。
・・・この問題。

おそらく、未来永劫続くいたちごっこかもしれません。

でも、男にも、女にもよりよい社会がきて欲しいなあ。
何時って、できればすぐにも。
でも、やはり時間がかかりそうです。

女性には、長い目でみていただくしかないかも。
男って、すぐには成長しませんものね。



タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。