ホーム » テクノロジー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

「Googleストリートビュー」は見えすぎちゃって困る?

グーグルが8月5日に公開した「Googleマップ」の「ストリートビュー機能」が物議をかもしている。「知り合いが写っていた」「自分の家が写っていて恐い」「ラブホテルに入るカップル発見」などネットで報告が相次いでおり、グーグルはプライバシー問題への慎重な対応を迫られそうだ。

【他の画像を含む記事】

 ストリートビュー機能は、東京、大阪など全国12の主要都市の街路を、360度の写真で確認できるというもの。パノラマ撮影ができるカメラを搭載した車で公道から撮影しているという(知らない町でも360度の散歩気分──Googleマップ「ストリートビュー」 プライバシー対策は)。

 記者が試しに地元を検索してみたところ、実家の花屋が店名の看板までばっちり写っていて驚いた。はてなの近藤淳也社長は、妻の令子さんの写真を見つけて驚いたとブログで報告している。

 これぐらいならまだ「すげー」「びっくりした」で済むかもしれないが、カップルがラブホテルに入るシーンや、路上でイチャついているシーン、おじさんが立ちションしているシーンなど、ちょっと人には見られたくない写真がネットユーザーによって“発見”され、掲示板サイトやブログ、まとめサイトなどで次々に報告されている。

 同機能が先行リリースされた米国でプライバシー問題が指摘され、対策が講じられてきた。日本版でも人の顔にはぼかしを入れるなど対策しているが、それでも知り合いなら分かる程度の鮮明さが保たれている。

 問題のある写真が掲載されている場合、ユーザーがグーグルに通報すれば、ぼかしを入れたり削除してくれるというが、これだけ広範囲で大量の写真が載っていれば、問題のある写真も山ほど出てきそう。グーグルは難しい対応を迫られそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000095-zdn_n-sci

オイオイオイ

やばくないか? この機能。

ネット掲示板なんかでは、ストリートビューが写し出す風景をつかって
「面白い場面」だけを拾い出そう、なんてかいてあるぞ。

例えば、
・登下校する小学生女児の無邪気な笑顔
・ボヤを起こし、消防に鎮火された直後の店舗-などから、
・ラブホテルに入る瞬間の男女
・立小便をしている後ろ姿の男性まで

いくらなんでも、それはマズイだろうってものまで。

もうちょっと、なんとかしないと

ぜったい悪用するヤツラがでてくるぞ。

くわばら、くわばら。



スポンサーサイト

国内有名サイトの偽サイトが横行

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月7日、国内の有名サイトに似せたフィッシングサイトが急増しているとして、インターネット利用者に注意を呼びかけた。

【拡大画像】

 JPCERT/CCによれば、1月28日以降に国内組織の銀行や大手インターネットサービスプロバイダ(ISP)のWebサイトに似せたフィッシングサイトの存在が複数報告された。金融機関に似せたフィッシングサイトは昨年から増加傾向にあるが、ISPサイトに似せたフィッシングサイトの出現はこれまでにない傾向だという。

 ISPサイトに似せたフィッシングサイトでは、悪用を目的にWebメールにログインするためのIDやパスワードをユーザーから不正に入手しようとする事例が報告された。実際に不正入手したIDやパスワードでスパムメールなどを送りつける手口が確認されたほか、フィッシングサイトが国内のサーバでも公開されている。

 JPCERT/CCは、インターネット利用者に対して不審な電子メールの内容やアクセスするWebサイトのドメイン名など、情報を入力する際にWebサイトの安全性について十分に確認するよう呼びかけている。また、サーバ管理者に対してパスワードが設定されていないユーザアカウントの存在、脆弱なパスワードの設定状況、不要なユーザーアカウントの存在、長期間管理されていないサーバの存在などを確認するよう求めている。

 フィッシングサイトやフィッシングサイトへ誘導する不審な電子メールを発見した場合、JPCERT/CCでは専用サイトで届け出を受け付けている。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000092-zdn_ep-sci 

有名なところでは、新生銀行のサイトですか。

ネットも顔がみえないだけに、いろんなことを考える輩がいるもんです。

特に、こういうことをしかける先を調べたら、ロシア、東欧にいきついた・・・なんて

記事があったのを思い出しました。

ほんと、用心に越したことはありませんので、

これからはページを開いたらアドレスをチェックする、これを習慣化するといいでしょうね。


過去の事例では、「ソニークレジット」、「ワールドキャッシング」、「さくらクレジット」、「日産クレジット」、スバルクレジット」、最近は「CitiBank」をかたるフィッシングメールとサイトですね。

金融機関関係は“要注意”ですね。

検索エンジン、おおはやりのご時勢ですから、

何の考えもなしに例えば、上記の会社名を入力して「検索」をポチッ、と押す。

検索結果がズラッと並んで、

ああっ、これこれとクリックすると、実は「フィッシングサイト」だったなんて・・・。

こんなこと考えたくないですね。

(っていうか、こんなこと書いたら検索エンジンの会社さん、怒っちゃうかな。)



  
タグ /

天体爆発、小規模だった…ツングースカ「謎」現象に新説

1908年6月に、シベリア中部ツングースカで大爆発が起き、数千平方キロ・メートルもの森林が一気になぎ倒された謎の現象について、米サンディア国立研究所の研究チームは、これまで考えられた規模の3分の1以下の天体爆発が空中で起きたのが原因とする新説をまとめた。

 この考えが正しければ、比較的小さい小惑星などが落下した場合でも、地上に大きな被害が出る可能性があるという。同研究所の研究員は「小惑星や隕石(いんせき)は、小さいほど地球に接近する確率は高くなるので注意が必要」と監視強化を呼びかけている。
 ツングースカ大爆発については、小惑星や彗星(すいせい)などの天体落下説が有力視されているが、地上に隕石孔などの痕跡がないことから、空中で天体が爆発した可能性が指摘されている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080204-00000026-yom-sci


このはなし、一番最初に知ったのは、
あの『ノストラダムスの大予言』で有名な、五島勉の本からでした。
(書名は忘れましたが)

当時は「ふ~ん」くらいしか、興味がありませんでしたが、

まさか、いまになってこんな記事がでるなんて。
ちなみに、 ウィキペディアで調べてみました。 

(ここから)
【ツングースカ大爆発】

1908年、当時のロシア帝国(現ロシア連邦)の
ツングースカ川の上流で、強烈なエアバーストが発生。

半径約30 kmに渡って森林が炎上し、
約2150 km2の範囲の樹木がなぎ倒された。
1000km離れた家の窓ガラスも割れたという。

破壊力はTNT火薬にして10~15メガトンに
相当するものと考えられている。

爆発によって生じたきのこ雲は
数百km離れた場所からも観測できた。

ヨーロッパで白夜のような状態が数ヶ月も続き、
衝撃による地震や大気圧の変動も観測された。
(ここまで)

小惑星や、隕石だけでなく、宇宙人の円盤が爆発した、なんて説あったくらいで
なんかなつかしいですね。あのころが・・・。

そういえば、○研の雑誌、「ムー」だったかな。
何度か、特集記事が設けられていましたのを思い出しました。

好きだったんですよね。昔は・・・。

タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。