ホーム » スポ-ツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

世界選手権で浅田真央が世界最高得点!

浅田真央さいたまスーパーアリーナで行われているフィギュアスケート世界選手権で、世界最高得点をマークしたそうです。やった、やった、ヤッターマン(((o(*゚▽゚*)o)))


あのソチでの悪夢を「巻き返そう」とただただ無心で演じた結果、すごい記録が出ました。この記録(SP:78.66点)は、これまで最高の78.50点(キムヨナ/2010年バンクーバー五輪)を抜く記録で、ソチでの鬱憤(うっぷん)を見事に晴らした感です。


ホント、すごいです。浅田真央!やはり実力ある選手は、一時不調でもいつまでもそこにとどまっていません。出した記録もすごいけど、不調を跳ね返した真央ちゃんの精神力に感動しました。

話は変わりますが、「ツキの正体」という記事を見かけました。「ツキ」には「粗(そ)」と「密(みつ)」があってそれが交互、または連続して発生する、というのです。


良いことが続いておこれば、悪いことが続くこともある、という意味でして具体的にいえば、せっかく飛び込んできた大型受注(やった!ラッキー)が在庫がないばかりにキャンセル(残念!アンラッキー)、前日何気なく読んだ参考書の問題がそのままテストに出た、たまたま道で拾ったサイフを交番に届けたら、持ち主が現れて御礼をもらって、それがきっかけで仕事を頂いた。


・・・などなど、書いたら枚挙にいとまがありませんが、こんなことはよく聞く話です。きっと真央ちゃんもこれまでツキが「粗」の状態だったけど、いまは「密」の状態になったのでしょう。もちろん、そうなったのには本人の「前向き」な意識があったからでしょう。


やはり、私たちはこうあらねばなりませんね!いつまでも沈んでいちゃダメです。
「陽はまた昇る」そんなポジティブなイメージを持ち続け、未来を切り開きましょう。
真央ちゃんには、私たちにもっともっと感動を与えて欲しいです。


ビジネスにも感動を・・・『感動集客』



スポンサーサイト

メダルがなくても、メダルよりも価値のあるもの

ソチ五輪が終わりました。
日本にとって、真央ちゃんで始まり、真央ちゃんで終わったようなオリンピック
(他の選手の方々、ゴメンナサイ!)期待と重圧がどれほどのものだったか、それは本人しかわからないでしょうが、並大抵ではなかったことでしょう。


SPで失敗して16位。エッ?「6位」の間違いなんじゃないの?と聞き返したことを覚えています。しかし、最後のフリーは素晴らしかった。それは、誰しも認めるところじゃないでしょうか。その姿には「無心」が感じられました。


「ああなったら」とか「こうすべき」とか、そんな滑走中に必要のない考えが微塵も感じられない。素晴らしい集中力。そして、後から聞きましたが、ジャンプのひとつひとつにこれまでお世話になった方々への感謝の念を込めて飛んでいたそうですね。


自身の我を超えた境地、境涯に達したからこそあのスケーティングがあったのか、と感心しました。こう考えるとSPの失敗は決して無駄ではなかったのではないでしょうか。確かにメダルには届きませんでしたが、あのスケーティングは後世の人々に伝えられる素晴らしい滑りでした。


選手達の滑りを見ていると、滑走の最中の心の揺れが随所に見えるものですが、そんなものを微塵も感じさせない素晴らしい滑り。ジャンルを超えて、全てのスポーツ選手達のお手本となる演技でした。(;´Д`)スバラスィ


見た目で競うオリンピック!ソチ2014

こんな記事を見かけました。確かに皆、美しいですね!日々のトレーニングの積み重ねか、曲線美、笑顔、素晴らしい! 種目ごとに金、銀、銅のタイトルがありました。ちなみに「フィギュアアイスダンス」の場合、金:テッサ・バーチュー(カナダ)、銀:ターニャ・コルベ(ドイツ)、銅:アンナ・カッペリーニ(イタリア)、ちなみに4位:エカテリーナ・ボブロワ(ロシア)、5位:ビクトリア・シニツィナ(ロシア)、6位にはキャシー・リード(日本)が、う~ん、確かにいいですね。


アイスダンスの場合、これって「ミスコン」?と思わんばかりの美女ぞろい。フィギュアのペアでは、金:ユリア・ラベレンティエバ(ウクライナ)がいいですね。・・・とこんなことばかり言っていると、女性から苦情が出そうですね。では、男性も・・・と始めるとラチがあきません。ここまでにしときましょう!


でも、頑張っている人は光ってますし、生き生きとしています。目には見えませんが、なにかオーラ(?)のようなものまで感じる選手も。素晴らしいです。ホント、生きてるって感じで、羨ましくさえ感じました。


いいなあ。皆、メダル目指して頑張ってきたんだろうな。努力を積み重ねて、オリンピックに出てきているはずです。日々の積み重ね、大切ですね。「地味な練習、小さな努力、続けていけば大きな成果」どこかで聞いた言葉です。


楽天田中投手はメジャーに行くか?

来シーズンを終えれば、国内FA権を、2年後には海外FA権を獲得する田中投手ですが、ここへきてその動きに停滞感がありますね。


あれだけの実力があるんですからいつメジャーに移籍してもちっともおかしくないし、本人もメジャーでやる気はあるでしょうが、楽天球団が「出す、出さない」でその態度を保留中なもので肝心のメジャーもいい加減じれてきているそうです。無理もありません。


メジャーにすれば大金の動く選手なだけにメジャーに移籍となれば目の色を変えてアタックしてくることでしょうが、肝心の楽天の態度がはっきりしないでは来季の計画が立てられない。
あちらでは大抵のことはキリスト教国らしくクリスマスまでにかたを付けたがるけど、日本ではその考え方はない為、メジャーのイライラ感が理解できない。


17日(日本時間)には日米による新入札制度が合意することでしょうから、その後ですかね。それまでメジャーが切れずに待ってくれますように。


いづれにしても田中投手には日本であれ、アメリカであれ、元気に活躍してほしいです。
田中投手に幸あれ。
タグ /

イチローの引退時期 !?

イチローに「引退説」が囁(ささや)かれている。
今年の10月に40歳を迎えるが、「足が衰えたから」、「視力が落ちたから」という理由で、最近はイチローに代打が送られるようになった。


まもなく日米通算4000安打(あと100本あまり)に達するというのに、ここへ来てヤンキースの処遇は冷たい。年齢を考えて休養まで命じている、という。プロの世界は、そういうものと考えれば納得行くことかもしれない。


でも、それで納得できないのが人情だ。数字だけで全てが割り切れるほど世の中単純じゃない。日本人からみたイチローは大スター、トップアスリート。だが、アメリカ人からみたイチローはどうなんでしょ?


日本から”出稼ぎ”にきた一人?という見方もされているんじゃないのかな。こんなふうに書くと反発する人もいるかもしれないけど、メジャーからみたいわゆる外国人選手(?!)ってそんな存在なんじゃないかな。


「日米通算」なんていったって、好意的でないアメリカ人からすれば「面白くない」「メジャーはアメリカのもの。外国人が記録をつくるなんて・・・」という意見があってもおかしくない。


でも、イチローこそ、日本が生んだ最強打者。そう、同じ日本人だからこそ言える「頑張れ!イチロー。」

尾崎好美 世界陸上 マラソン銀 「メダル実感わかない」

 陸上世界選手権女子マラソン銀メダルに輝いた尾崎好美第一生命)が24日、帰国するためベルリンの空港を出発した。レースから一夜明けた尾崎は「まだメダルの実感はわかない」と明るい表情で話した。

 尾崎は、30キロまでスローペースの中で力を温存したと振り返った。後半外国勢のスピードが上がってもすぐに対応できたのは、8月の直前合宿の成果が大きかったという。第一生命の同僚が仮想外国選手となって駆け引きの実戦練習を行ったと言い、「昨日のレースではまりました」と笑顔を見せた。

 また、路面の一部が石畳で硬かったため、普段より靴底を1~2ミリ厚くした特製シューズで走り、足の負担を軽くした。

 今後は9月下旬の全日本実業団五千メートルに出場する予定。次のマラソンについて、第一生命の山下佐知子監督は「来春、いいメンバーが集まる海外レースを走らせたい」と話した。8月24日21時37分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000014-maip-spo

日本人って、マラソンは好きですね。
「頑張る」競技は、やっぱり目を奪われてしまいます。

昨日女子マラソン、ついつぃ見てしまいました、
ってか・・・しっかり見ちゃいました。

この世界陸上女子マラソン
瞬間最高視聴率29.2%、実に多くの人々がみていたようで
NHK大河ドラマ「天地人」は関東地区で14.9%、関西地区で12.2%、
女子マラソンの勢いに押された感じですね。

おしくも中国の白雪に負けてしまいましたが、
尾崎好美さんの頑張りは、日本中の人々が見ていたことでしょう。


昨日の彼女、とっても頑張っていました。
それに・・・かわいかったです。

長手絢香(「プッチモニ」アヤカ)、谷原秀人と結婚

男子ゴルフの谷原秀人(29)が15日、「プッチモニ」や「ココナッツ娘。」で活躍したタレントの長手絢香(26)と結婚したことを明らかにした。8日に実家のある広島県尾道市で婚姻届を提出。来年1月に披露宴を行う予定だ。谷原は現在、17日開幕の全英オープンに備えて現地入りしており、長手も同行している。
 出会いは昨年10月の男子ツアー、ABCチャンピオンシップのプロアマ戦。今年に入って谷原が猛アタックをかけ、交際がスタートした。「第一印象からかわいいと思いました。9日に親父(直人さん)の還暦祝いがあり、そこに連れて行きたくて結婚ということになりました」と話した。
 高校時代はハワイで過ごすなど、バイリンガルの長手は「彼はアメリカで活躍するという大きな夢があるので、その時は私が役に立てると思います」。里田まいらハロプロの仲間にも報告済みで、左手薬指には14粒の大きなダイヤが入った婚約指輪が輝いていた。今後も芸能界の仕事は続けていく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000007-dal-golf

長手絢香、個人的に好きなんですよ。

長手絢香ってこんな人

おめでとうございます。

お相手の谷原秀人さんの
谷原秀人公式サイトも覗いてみました。

すでに、出てますよ。

でかでかと、「結婚のご報告」が・・・。 org

絢香さん、目がきれいです。

目は口ほどに・・・と言いますが、

この目に魅力を感じたんでしょうか?

谷原秀人さんは。

猛チャージをかけたそうです。

全英オープンでの活躍も期待したいですね。

絢香さん一緒だそうだから、猛チャージも期待できるかな?(笑)


U4機使用を検討=首相の北京五輪開会式出席で〔五輪・開会式〕

福田康夫首相が8月8日の北京五輪開会式に出席する際に、政府が航空自衛隊のU4多用途支援機の使用を検討していることが3日、分かった。U4機は輸送可能人数19人の小型機で、首相が海外訪問で通常使用する政府専用機(ボーイング747)よりも経費は安く、環境対策でも効果がある。当日は開会式以外に首脳会談などの予定がなく、大規模な外交団を組む必要がないことから、U4機の利用が浮上した。 
 政府要人のU4機利用は、昨年6月に麻生太郎外相(当時)が韓国・済州島に日帰り訪問した例や、2005年6月に小泉純一郎首相(同)が太平洋戦争で激戦地となった硫黄島(東京都小笠原村)訪問で搭乗した例がある。しかし、首相の外国訪問で利用したことはない。
 首相は8月8日に出発して北京入りし、開会式に出席。同9日に長崎市で開かれる「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」に出席するため、同日午前には長崎・大村空港に帰国する方向で調整している。開会式には米ブッシュ大統領や李明博韓国大統領らも出席する予定だが、日程がきつく個別会談は難しい状況だ。
 U4機の使用は、首相が行政の信頼回復のための「無駄ゼロ」運動に率先して取り組んでいることをアピールする狙いもあり、官邸筋は「政府専用機を飛ばせば燃料も費用も掛かる。U4機の方が安上がり」としている。(了)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000127-jij-spo

U4機がなぜこれほどまでに騒がれるのでしょうか?

これまでも、政府要人が何度と無く使用しているので、

やっぱ、海外、特に今回、中国に行くってんで騒ぎになっているんでしょうね。

8月といえば、もう来月の話ですし、差し迫った今だからこそ

話題になるのかも・・・。

う~ん、今回はわからん!


タグ /

安藤美姫“ガラスの肩”にメス入れる

フィギュアスケートの“世界女王”安藤美姫(20)=トヨタ自動車=が、今季終了後の4月にも右肩を手術することが11日、分かった。06年12月の全日本選手権で脱臼して以降、慢性的な痛みを抱えてきたが、一向に回復せず。来季を見据えて、思い切った決断を下した。この日は名古屋市内で行われたエキシビションのチーム対抗戦「ジャパンスーパーチャレンジ2008」に出場。ケガを感じさせない妖艶な演技で観客を魅了した。
 安藤が“ガラスの肩”にメスを入れる決意を固めた。エキシビションを滑り終えると「今シーズンが終わってから、国内で(右肩を)手術しようと思ってます」と明言。連覇の懸かる世界選手権(3月・イエーテボリ)が終わった4月にも、右肩を手術する意向を明らかにした。
 06年日本選手権で演技中に脱臼して以来、痛みを伴ってきた右肩は、昨年10月の日米対抗で悪化。今季はテーピングで固めて演技を続けてきたが、この日、朝起きた時も肩が外れていたという。
 将来を見据えた決断だ。手術では金属製のボルトを3、4本埋め込み、シリコンなどで右肩を固定する。術後3カ月はフィギュアスケートの練習は出来ないが、今年10月から始まる来季のGPシリーズには万全の状態に間に合わせる予定だ。
 この日の対抗戦では「チーム・アーティスト」のトリを飾った。「恥ずかしかったけど、楽しめました」。黒のホットパンツに網タイツというセクシーな衣装で登場し、妖艶な演技を披露。投げキスの場面では男性客からため息が漏れるなど、大人の色香で観客を魅了した。
 今後は1月20日までアイスショーで全国をまわった後、四大陸選手権(韓国・高陽、2月11~17日)に出場。そして3月には世界選手権が控える。「4回転ジャンプの確率も上がってきてる。いい準備をしたい」。今は痛みに耐えながら、世界選手権連覇に全力を尽くす。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000012-dal-spo 

スポ-ツ選手にケガはつきもの、
おっと、いまは、スポ-ツ選手と言わず、アスリ-トと呼んだほうが良かったでしょうか。

アスリ-トで、ケガに泣かない人はいないでしょうね。

でも、それが大事な大会の最中か、それともオフシ-ズンの練習中か、
場面、場面によっても違ってくるでしょうが、ケガのタイミングにもよりますね。

人は、それを「運」「不運」とも言いますが。

そういえば、荒川静香も金メダルをとったときも「運」についていってましたね。

たしかに、「運」、大切です。

安藤選手には、是非「強運」を呼び込んで、がんばってほしいと思いました。

タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。