ホーム » 経済

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

日本郵便の未来は?

ミスドポイントサービスが9月30日で終了、だとか。
あんまり使わなかったけど、ポイントはしっかりあるんだよな。
マジで貯めてた人にはショックだよな。


でも、この種のサービスもありきたりでマンネリ気味なことは確か。
差別化という点ではあまり効果はないかも。


そういえば、日本郵便の人が昨日宅配貨物を持ってきてくれたけど、
日本郵便、ついに成果給に移行するらしい。成果のあがらない人の給与2割をカットしてそれを成果の上がる人にあてるそうだ。


そんなんでほんとによくなるか?日本郵便
昨日の人、やたら丁寧でこっちが恐縮しちゃったけど、あの受け答えの良さはこの成果給に関係あるのかな?だとしたら、あんまり関心できないかも。


そもそも成果給なんて、どの企業も失敗してるのに「なんで今更?」だよね。
成果給」なんて考え方自体、時代遅れもいいところ。2、3年後の日本郵便の姿が目に浮かぶよ。みんな、自分の給与のことばかり気にして職場の雰囲気がギスギスして、当然顧客サービスも良くなるはずがない。


ま、今いる経営トップにとっては、2、3年後には退職していないから関係ないことかもしれないけど、その頃の経営陣は後始末に奔走する羽目になるわけでご愁傷様です。
スポンサーサイト

アベノミクスはいつ崩壊?

TVを見ていたら、ある評論家が「いまや、日本経済はこれで復調する、という世間の空気だがホントにそうなんだろうか?」という疑問を投げかけていた。TV、新聞、雑誌等いろんなメディアでは日本の経済は復活する、という論調ばかりでこれに反対する意見が聞かれない。


”人は信じたいものを信じる”ということから、景気回復を望む人々のホンネがいま世間を渦巻いているのだろうが、前述の評論家曰く、「実態経済は世間が言うほど良くはない」というのだ。


例えば、首相の発言を受けてボーナスの満額回答を出した、とある業界は景気がいいわけじゃなく販売数が落ちている。単に円安の恩恵を被ってその差益を還元したにすぎない、という。また、とある業界にいたっては世情に逆行するようなリストラの真っ最中。とても日本経済は・・・なんて言える状況にない、という。


景気の裏付けがない今の状況は「まさにバブル」というわけ。
バブル」なだけに泡がいつはじけてもおかしくない。じゃあいつまでこの好景気?!はつづくのか。アベノミクスへの期待感で膨れたこの景気はこれからどうなるのか?


このまま続いて欲しいのは人情。でもそんな、人の心情は得てして簡単に破れてしまうもの。なにがあってもいいように準備だけは怠り無く、ご用心。リスク管理は大切ですねえ。

「プラウド新宿御苑エンパイア」が即日完売 野村不動産

野村不動産はこのほど、東京都新宿区新宿御苑の隣接地で建設中のマンション「プラウド新宿御苑エンパイア」(販売戸数35戸)が即日完売したと発表した。6月中旬のモデルルーム開設から約1,000組が来場。平均倍率は1.88倍、最高倍率は5倍だった。

 同物件は、昭和38年築の分譲マンション「エンパイアコープ」の建て替え物件。新宿御苑が一望できる眺望や、その緑や空気を享受できる希少性が評価された。

 一戸当たりの平均専有面積は83.04平米、平均販売価格は1億3,188万円で、坪単価は525万円となる。9 月10日16時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090910-00000003-jsn-ind

すんごいですね~!
プラウドと言えば、野村不動産が力を入れている、言わば野村不動産の顔ともいうべきマンションですよね。TVCMガンガンやってますし・・・。

TV局も自動車CMが減ってるせいか、マンションのCM増やしてるんでしょうか?


でも、平均販売価格1億円とは!
不況・・・ですよね。世間は!


いつの世も、あるとこにはあるんですね。お金というものは。

そういえば、こんな話聞いたことありますか?
お金は、大切にしてくれる人のところに戻ってくる。
だから、お金を出す(払う)時にお金に言うんだそうですよ。
「ありがとう」・・・って。

いや、こんな話聞いたことありません!
(今度からやってみようかな)

SFCGが民事再生法申請 負債総額3380億円、今年最大

商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド)は23日、東京地裁に民事再生法適用を申請し、受理された。負債総額は約3380億円。帝国データバンクによると、今年最大規模の倒産になるという。

 SFCGの大島健伸会長は同日、東京証券取引所で記者会見し、「あらゆる手段を講じたが、最終的に資金調達が困難になった」などと、破綻(はたん)理由を説明した。2006年12月の貸金業法改正で、融資の上限金利が引き下げられ、事業環境が悪化したことに加え、金融危機が深刻化した昨夏以降は、「国内外を問わずほとんとすべての金融機関から、新たな資金調達が受けられない事態」(大島会長)になって、経営が急速に悪化した。同社の株価は2年前には2万円を超えていたが、先週には2000円を割り込んでいた。融資の引き揚げなどで債務返済に努めたが、今月には75億円の決済不能に陥ったという。

 今後はスポンサー企業を選定して再建を目指し、民事再生手続きが軌道に乗った段階で大島会長が辞任する方針も明らかにした。大島会長は今月20日に社長兼会長から代表権のない会長に退いたばかりだった。

 SFCGは、大島氏が1978年に商工ファンドとして設立。中小企業向けに高利での融資を手がけてきたが、利息制限法の上限を超えた強引な取り立てが社会問題化し、現在も多額の過払い金返還訴訟を起こされている。昨年の返還額は100億円を超え、同社の経営を圧迫していた。また最近も、違法に高利の取り立てを行ったとして、弁護士らが当時の大島社長を恐喝未遂と詐欺未遂の疑いで警視庁に刑事告発していた。

 強引な取り立てに対する過払い金返還請求について、大島会長は会見で、「基本的には法的な手続きによってやっている。これはもう見解の相違だと思う」と述べた。SFCGの代理人の阿部信一郎弁護士は会見で、「100%の返済はなかなか困難だと思う」と話した。

 東京証券取引所は23日、SFCGの東証1部上場廃止を決定し、24日から3月23日まで整理銘柄に指定すると発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000021-fsi-bus_all2月24日8時34分配信

なるべくしてなった。

まあ、そういう感じでしょうか。

強引な取立てで、社会問題化した商工ファンド(現SFCG)。

多額の過払い金返還訴訟でいま、強引に取り立てられているわけですね。

因果はめぐるよ、どこまでも。

また、株価は2年前には2万円を超えていたそうですが、先週には2000円を割り込んでいるなど、

まるでかつての山○証券を彷彿とさせますね。

あの時も、多くの株主や、一部の人間がおのれの利益の為によってたかって、

まさに剥げたか(?!)のごとく、群がり、とうとう廃業にまで追い込んでしまいました。

・・・(閑話休題)

栄枯盛衰、祇園精舎の金の声、

あれ、「かね」の字が違うぞ、あ! でもこれでいいのだ!


裁判員になろう

「ビジ髪」の効力とは?成功する社長は、なぜ髪型が七三なのか

商談や打ち合わせなど、ビジネスシーンで相手の髪型に目が留まることは意外に多い。米国エール大学の心理学教授が、「仕事での第一印象において、髪型が最も大切な要素」と研究論文を発表しているほどで、髪型というのは我々の想像以上に雄弁だ。

 ビジネスは人間のつながりなくしては成立しない。人は、会った相手を3秒で見抜くという。クライアントは、長髪や茶髪のビジネスマンをすぐには信用しないということだろう。では、相手の心をつかむ好感度抜群の髪型とはいかなるものか?

 ズバリ、それを「ビジ髪」と銘打ち、一冊にまとめた『ビジ髪』(コア・アソシエイツ発行)という本が話題だ。著者は北海道で数店舗のヘアサロンを経営する柳本哲也氏。1964年生まれの彼は、仕事で成功するための髪型を研究し尽くし、もみ上げや眉毛、ヘアカラーやスタイリングなど、成功のための8つの黄金律があることを導き出した。

 そして編み出したのが「ビジ髪」なのだが、その代表例がソフトな「ナチュラル七三」だ。「七三」というと、“ダサくてイケてない”おじさんビジネスマンの象徴のようでもあるが、この七三ヘアを侮ってはいけない。

 成功した経営者で、この七三スタイルは非常に多い。先ごろ、ついに社長にまで昇りつめたあの島耕作も、まさしくこのナチュラル七三の代表例だろう。経営者以外にも、テレビ各局の男性アナウンサーや007の歴代ジェームス・ボンド、俳優の佐藤浩一や堤真一、ジョージ・クルーニーなどのスタイルが該当する。

 この髪型の効力を劇的に証明して見せたのが、お笑い芸人・世界のナベアツだ。彼はホテルマンを参考にして髪型を変えたところ、大ブレイク。エレガントな七三と、「アホになる」顔とのギャップが笑いを生み出した格好で、これも七三の好感度の高さを物語っている。

 柳本氏はさらに同書で、「成功者の髪型には多くの共通項がある」「成功者は髪を切る時間もマネジメントする」「ビジ髪はクレーム処理にも有効」と、次々に持論を展開。14名のモデルを使って、様々な髪型をカラー写真で紹介している。

 中でも興味深いのが、著名企業の髪型へのこだわりだ。その実例として、マルハンの取り組みを挙げているが、これも企業側が「髪型力」にいち早く注目した結果といえよう。

「出世したい」「営業成績を上げたい」「就活に勝ちたい」「旦那を成功させたい」――そんな願いをお持ちの方は、すぐに髪型を見直されてはいかがだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080825-00000000-dol-bus_all

この記事を読んで、思いました。

も一度、七三 やってみようかな・・・。(笑)


確かに説得力ある記事ですよね。

だれでも、成功したいし、うまくやりたい。

七三の効用かア!

も一度考えて見ます。



i535BB 1万円切るデジカメが人気

機能を絞り込んで1万円を切る低価格のデジタルカメラが売れている。デジカメ市場は、顔認識や手ブレ補正を搭載した高機能モデルや一眼レフが牽引(けんいん)役となっているが、低価格デジカメは2台目需要や子供用など新たな需要を取り込み静かなブームとなっている。(西村利也)

 デジカメ市場参入が後発だった日本ポラロイドが4月に発売した「i535BB」の店頭価格は9800円前後。大手家電量販店のビックカメラ、ベスト電器と共同で「1万円以下」をコンセプトに開発した戦略商品だ。画素数は500万で光学3倍ズームを搭載し、L判の写真印刷にも十分なスペックを確保した。

 とはいっても、高機能志向が強いデジカメ市場でどこまで受け入れられるか、当初は慎重な販売計画だった。ところが最初に用意した数千台はすぐに完売。現在、8月の再出荷に向けて生産を急いでいる。コンシューマー・エレクトロニクス事業部の村岡吾郎課長は「こんなに売れるとは思わなかった」と、予想を上回る売れ行きに驚きを隠さない。

 安価なデジカメは、おもちゃ感覚で撮影できる「トイカメラ」としても、学生や女性の人気を集めている。価格は約3000円から、種類も数十種類と豊富だ。人気の秘密は安さだけではない。単純な構造による“低品質”が、逆に「個性的で味のある写真が撮れる」という評価もあり、プロカメラマンのファンも少なくないという。中国メーカーの製品が多く、雑貨店や書店などで文房具のように販売されている。

 業界関係者によると、トイカメラの国内市場(フィルムタイプ含む)は現在約30億円で、3年後には50億円に拡大する見通し。フィルムタイプのトイカメラを手がけるパワーショベル(東京都渋谷区)は10月に、デジカメタイプの新製品を発売する計画だ。

 “使い切り”デジカメも近く登場する。写真ショップ「55ステーション」を展開するプラザクリエイトは8月、廃棄された携帯電話の部品を再利用したデジカメ「エコデジモード」を全国1200店で売り出す。画素数は300万。価格は27枚撮りで1280円、50枚撮りで1480円とデジカメ最安値。さらに防水タイプの50枚撮りも1980円で発売する。

 画像データは取り出すことができないため撮影を終了した段階でカメラをショップに持ち込み、1枚37円で現像を依頼する。27枚撮りで約2300円と値頃もある。フィルムカメラで一世を風靡した使い切りカメラのデジタル版も新たな市場を開拓しそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080728-00000000-fsi-bus_all

さっそく、価格をチェックしてみたぞ。

もう、出てました。i535BB

ホントに\9,800。  確かに安いぞ。

i535BB 買うか?」と聞かれれば、「i535BB 買うぞ!」と答える。

デジカメ業界各社は青くなってないか・・・?


ロータス エボラ 登場【ロンドンモーターショー08】

ロータスは22日、ロンドンモーターショー(英国モーターショー)で、『エリーゼ』以来13年ぶりとなる新規開発モデル、『エボラ』を発表した。プロジェクトコード「イーグル」として伝えられていた、ミッドエンジン2+2スポーツカー。

[写真拡大]

ミッドエンジン2+2というフォーマットは量産スポーツカーでは現在唯一の存在という。ミッドに搭載されるエンジンはトヨタ製軽合金ブロック3.5リットルV6・DOHC・VVT-i「2GR-FE」で、ロータスがチューニングし、出力は280PS。トランスミッションは同じくトヨタ製の6MT。車重は1350kg(プロタイプでの数値)。CO2排出量は225g/kmを目標にしている。

エボラのひとつの使命に、ロータスにとって新たな顧客を開拓することがある。そのため、使い勝手の良さにはとくに配慮された。ロータスの従来モデルと比べてドア開口部は広くなり、ドアシル(敷居)の幅は狭くなり、乗り降りがしやすくなった。フロントシートはアメリカ人男性99パーセンタイル=身長195cmに対応する。

“使い勝手の良さ”は目につかない部分にも及んでおり、たとえば、車体構造はアルミ押し出し材製タブ型のメインボディに、同じくアルミ製のフロント・クラッシャブル・ユニットが接続されているものなので、前面衝突の際の補修コストを抑制している。

エボラは世界各地の法規を念頭に開発されており、また将来の派生車も考慮されている。派生車としてはコンバーチブルが有望だ。

エボラロータス販売店のショールームに2009年春から届けられるが、イギリスと欧州大陸では予約の受け付けを開始した。スペック詳細、オプション、価格は、発売日が近づいたら改めて発表される。

グループ・ロータスのマイク・キンバリーCEOは「2008年はロータスの創業60周年だ。同じ年にエボラという、ロータス・レインジにとってファンタスティックな新型が追加される。エボラはロータスのコアバリュー:軽量化と効率化によるパフォーマンスを体現している。コリン・チャップマンも承認してくれると思う」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080723-00000012-rps-ind

確かに、魅力的なモデルです。

私なんかは、「サーキットの○」でロータスを知った世代ですが、

ロータスといえば、やはりヨーロッパを連想しちゃいます。

うん、かっこいいですね。

環境問題で自動車業界も逆風が吹き荒れる中、タイヘンだと思いますが、

やはり、「夢」を与え続けてほしいいい・・・・・・と願っています。



日本と海外でこんなに違う?リアル“働きウーマン”事情

問題。世界の国会議長の10人に1人は女性である。○か×か? 国会議員の4分の1以上が女性という国が、30カ国以上ある。○か×か?

答えはどちらもマルです。とくに海外の政治の世界では女性の躍進がめざましい。ドイツ首相、アルゼンチン大統領と女性トップが続々と生まれている。去年の仏大統領選でサルコジと競ったロワイヤル候補も記憶に新しい。今年のアメリカ大統領選挙がこれだけ面白いのも、ヒラリー・クリントンという存在があるからだ。

経済でも女性が活躍している。海外じゃ女性社長なんて珍しくもない。“就業者の4割、管理職の3割が女性”が世界標準だ。考えてみれば当然のこと。技術革新で肉体労働は知識労働に置き換えられてきた。さらにITがぐんと発達した今、ヒトに求められる最大のスキルは「対人コミュニケーション能力」になった。もはや男女の性差などは“そんなの関係ねえ!”のである。

賢い会社はこう考えている。「消費者の半分は女性なのに、男性だけで物事を決めてちゃ女性の胸を打つ製品・サービスは作れない」。もっといえば「先進国は少子化が進んでいるから、男だけ選り好みして採用していては優秀な人材が足りなくなる」――。幸い、先進国の富裕層では進学率の上昇によって高学歴の優秀な女性は山ほどいる。米国ビジネススクールのトップ校はどこも学生の3割は女性。「管理職に女性が多い会社は、男性ばかりの会社より業績が伸びる」と実証するデータもある。

ひるがえって我がニッポンは実にお寒い。男女平等の度合いを測る際に用いられる「ジェンダー・ギャップ指数」は世界91位に甘んじる。国会議員の女性割合は9%台、管理職比率も10%ちょっと。昇進を阻む見えない壁、仕事と育児の両立の難しさがいまだにある。

環境整備が即刻、必要だ。活き活きと働く女性が周りにたくさんいたほうが、20代男子諸君だって楽しいでしょ?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080207-00000004-rec_r-bus_all

「女性の社会進出」という言葉を使うだけで、「差別」ということが言われかねないご時勢です。

こと、日本では、まだまだ男性主導の社会というイメージはぬぐえないですね。

別に、女性だからということを言う気持ちは毛頭ありません。

優れた人がトップに立って集団をリードしてゆくべきだと思います。

「日本はお寒い」と記事では言ってますが、こと歴史という観点でみると、日本にも「女帝」がおられた時代があるわけですから、そうそう悲観することはないんじゃないでしょうか

タグ /

信越化、国税庁が移転価格課税に基づく更正処分 約110億円!

信越化学は1日、東京国税庁から追徴税約110億円の支払いを求める通知書を受領したと発表した。同社と米国子会社の収益について、国税庁が移転価格課税に基づく更正処分が必要と判断しているという。
 同社は処分を不服として、異議申し立てを行うと説明している。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080201-00000167-reu-bus_all 

出ましたね!ひさびさって感じで。

移転価格税制は2005年、まるで一世を風靡するかのように、ニュースで取り上げられていました。
大手企業の有名どころではソ○ー、○▲製薬、ト○タ自動車、ホ○ダ、他たくさんありました。

その税額の大きさから、財界では波紋を呼び、経団連では政界に苦言を呈するまでになりました。

しばらく、ニュースにはとりあげられることがなかったのでしばらく沈静化していたか、と思いましたが、

さすが国税庁。あきらめずに、活動していたんですね。

さあ、信越化学さん。どうしますか。素直に払うのかな?

それとも、不満の意を表して、反撃に出るのか。

ここは、国税に恭順の意を表して、素直に払いつつも

国を相手にぜひ、税金の払い戻しを画策してほしいところですね。

でも、国も企業の体力を削ぐこのような税制はぜひ考えを改めるべきではないでしょうか。

いくらアメリカが考え出した税制とはいえ、日本流の運用に変えてあるべきと思います。




タグ /

霞が関埋蔵金騒動

民主党の細野豪志氏は28日の衆院予算委員会で、「霞が関埋蔵金」と呼ばれる特別会計の積立金など余剰資金の総額が約96兆円に上るとする試算を公表し、有効活用を求めた。特別会計や、独立行政法人などの資産から負債を引いた額が「埋蔵金」に当たると主張した。

 細野氏によると、特別会計の余剰金は68兆円(06年度末現在)で、赤字の特別会計と年金や厚生保険、国債整理基金を除いた16特別会計の財務諸表の資産から負債を差し引いた。また、103独立行政法人の余剰金は16兆7000億円(06年4月1日現在)、独立行政法人の関連会社と公益法人の余剰金は11兆1000億円(06年10月現在)という。

 これに対し、福田康夫首相は「特別会計の積立金にはそれぞれの目的がある。無駄があるとは理解していない」としたうえで、「可能な限り財政健全化を図るという観点から、目を見張らしていかなければならない」と述べた。【須佐美玲子】
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000153-mai-bus_all 

いいですね~!どんどん暴いて欲しいですね。
がんばれ!細野さん。

先日のトラック協会もそうでしたが、積立金とか称して自分達の金庫に入れておいて
その上毎年○○億円も予算鳥(アホ~)。

国民の税金ですよ、税金。彼らは自分達も払っているはずなんですがねえ。
感覚がマヒしているんでしょうか?
ホントに。

こういう埋蔵金を使えば、増税の必要はないんじゃないでしょうか。

予算のあり方を根底から考え直してほしいですね。

・・・と思いましたが、しょせんお役人は自分達でお金を稼いだことがない人たち。

1円稼ぐことの大変さが分かっていれば、造作もないことだと思いますが。

こりゃ、民間企業でみっちり研修でも受けていただくしかないでしょうかね。


ww
タグ /

化粧品・錠剤向け生分解性樹脂容器を販売

ジオエンタープライズ(大阪市北区、森下泰延社長、06・6351・2180)は、生分解性樹脂を素材とした容器の販売に乗り出した。ガスバリアー性の弱さなど生分解性樹脂容器の持つ欠点は、原料組成の見直しや加工技術を使ってカバーする。同社は化粧品や錠剤向けなどの容器として、環境意識の高い企業に売り込む。販売計画は定めていない。植物由来の生分解性樹脂を他メーカーから購入し、ブロー成形により容器に加工したうえで販売する。加工は同社と提携関係にある企業に委託、ユーザーからの要望を取り入れながら製品を仕上げていく。例えば強度を必要とする場合、石油系樹脂との混合などで対応するという。

 生分解性樹脂を使った容器は生産コストの高さから、メーカーもあまり手がけていない。同社製品の価格もやや高めとなるものの、二酸化炭素(CO2)削減効果なども同時にアピールして拡販を目指す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000020-nkn-ind

洞爺湖サミットがあるからでしょうが、ここにきて環境問題の取り上げが多いです。
マスコミも商売ですから、人々の耳目にアピ-ルできる話題を提供したがりますが、
ま、いいことかも。

今のままでは、CO2の削減目標に届かないからって、企業もあの手、この手で必死?
排出権を金で買い取る、なんて行為もココへ来て熱くなってきてるそうです。

銀行を初め、各種金融機関でも排出権の売買、なんて新手の商売に乗り出して・・・。

環境問題が商売になる、なんて10年前は考えもしなかったでしょうね。

でも、それは企業の話。

私たち個人では、身近にできることから考えましょう。

お金を掛けずに、ネ!


タグ /

冬のボーナス:都内民間、平均81万3300円 前年比1.45%増 /東京

「都産業労働局は17日、都内民間企業の年末一時金(冬のボーナス)の妥結状況調査結果をまとめた。調査した民間1000労働組合のうち、既に妥結した731組合の平均額は81万3300円=平均賃金(38歳)の2・47カ月分=で98年以来、9年ぶりに80万円を超えた。前年に比べ1万1663円(1・45%)増え、4年連続で前年を上回った。
 業種別に見ると、分析の対象となった5組合以上が妥結した28業種のうち、前年比プラス、マイナスがともに14業種となり、業種によって明暗がはっきりと分かれる結果となった。
 前年比伸び率が高かったのは「非鉄金属」(13・10%)、空輸・海運・倉庫など「その他運輸」(12・34%)など。一方、「金融・保険業」(5・31%減)、「金属製品」(同)、「印刷・同関連」(4・68%減)などで前年を大きく下回った。
 妥結額で比較すると、情報制作(出版等)が138万2923円で最も高く、私立学校教職員113万5928円、通信・放送107万6654円と続いた」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000157-mailo-l13 

いいな、ボーナス。80万円超え、だって・・・。
う、う、うらやましいぞ~!
思わず、本音が出てしまった。


ちなみに、私がボーナスで欲しいものはコチラです。
読見み確カメ のほしいモノ


タグ /

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。