ホーム » 色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年

タグ「色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

村上春樹さんの新作『色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年』の評価は?

村上春樹さんの新作色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年』(文芸春秋)が12日に発売され、大変なヒットで増刷が続き、発行部数はすでに80万部に達した、とのこと。


世界的な人気作家村上春樹さんだけに「別に驚くことじゃやない」なんてご意見もあるが、3年ぶりの長編小説なだけには、熱心なファン、いわゆる“ハルキスト”にとっては大変なことのようです。


まあ、発売開始が午前0時なんて、F●やドラ●エのような超有名ゲーム、ウィンド●ズOSの発売を思い出してしまいました。ファンでもない私から見れば、1作家にそこまでするファン心理は理解できません。


いったい、どんな本なのか、興味が湧きませんか?今のご時世、ネットでなんでも検索できてしまうから(但し、そこで得た情報がホントかどうかはわかりません。)
ホントに知ろうとしたら読むしかありませんが、取り敢えず、調べてみました。


「多崎つくる」という男が、自らの過去と正面から向き合い、人生を生き直そうとする物語、だそうです。それだけのこと?と思ってしまえば、ホントそれだけなんですがファンにとっては村上春樹さんの文体にふれ、その世界に浸かることが、一種快感なんでしょうね。

ファン心理ってそんなものじゃないでしょうか。いったい、どこまで売れるのか?個人的にはそちらに興味があります。

スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。