ホーム » ジェームス・ボンド

タグ「ジェームス・ボンド」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

「ビジ髪」の効力とは?成功する社長は、なぜ髪型が七三なのか

商談や打ち合わせなど、ビジネスシーンで相手の髪型に目が留まることは意外に多い。米国エール大学の心理学教授が、「仕事での第一印象において、髪型が最も大切な要素」と研究論文を発表しているほどで、髪型というのは我々の想像以上に雄弁だ。

 ビジネスは人間のつながりなくしては成立しない。人は、会った相手を3秒で見抜くという。クライアントは、長髪や茶髪のビジネスマンをすぐには信用しないということだろう。では、相手の心をつかむ好感度抜群の髪型とはいかなるものか?

 ズバリ、それを「ビジ髪」と銘打ち、一冊にまとめた『ビジ髪』(コア・アソシエイツ発行)という本が話題だ。著者は北海道で数店舗のヘアサロンを経営する柳本哲也氏。1964年生まれの彼は、仕事で成功するための髪型を研究し尽くし、もみ上げや眉毛、ヘアカラーやスタイリングなど、成功のための8つの黄金律があることを導き出した。

 そして編み出したのが「ビジ髪」なのだが、その代表例がソフトな「ナチュラル七三」だ。「七三」というと、“ダサくてイケてない”おじさんビジネスマンの象徴のようでもあるが、この七三ヘアを侮ってはいけない。

 成功した経営者で、この七三スタイルは非常に多い。先ごろ、ついに社長にまで昇りつめたあの島耕作も、まさしくこのナチュラル七三の代表例だろう。経営者以外にも、テレビ各局の男性アナウンサーや007の歴代ジェームス・ボンド、俳優の佐藤浩一や堤真一、ジョージ・クルーニーなどのスタイルが該当する。

 この髪型の効力を劇的に証明して見せたのが、お笑い芸人・世界のナベアツだ。彼はホテルマンを参考にして髪型を変えたところ、大ブレイク。エレガントな七三と、「アホになる」顔とのギャップが笑いを生み出した格好で、これも七三の好感度の高さを物語っている。

 柳本氏はさらに同書で、「成功者の髪型には多くの共通項がある」「成功者は髪を切る時間もマネジメントする」「ビジ髪はクレーム処理にも有効」と、次々に持論を展開。14名のモデルを使って、様々な髪型をカラー写真で紹介している。

 中でも興味深いのが、著名企業の髪型へのこだわりだ。その実例として、マルハンの取り組みを挙げているが、これも企業側が「髪型力」にいち早く注目した結果といえよう。

「出世したい」「営業成績を上げたい」「就活に勝ちたい」「旦那を成功させたい」――そんな願いをお持ちの方は、すぐに髪型を見直されてはいかがだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080825-00000000-dol-bus_all

この記事を読んで、思いました。

も一度、七三 やってみようかな・・・。(笑)


確かに説得力ある記事ですよね。

だれでも、成功したいし、うまくやりたい。

七三の効用かア!

も一度考えて見ます。



スポンサーサイト

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。