ホーム » オリンピック

タグ「オリンピック」を含む記事一覧(1ページ中1ページ目)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

メダルがなくても、メダルよりも価値のあるもの

ソチ五輪が終わりました。
日本にとって、真央ちゃんで始まり、真央ちゃんで終わったようなオリンピック
(他の選手の方々、ゴメンナサイ!)期待と重圧がどれほどのものだったか、それは本人しかわからないでしょうが、並大抵ではなかったことでしょう。


SPで失敗して16位。エッ?「6位」の間違いなんじゃないの?と聞き返したことを覚えています。しかし、最後のフリーは素晴らしかった。それは、誰しも認めるところじゃないでしょうか。その姿には「無心」が感じられました。


「ああなったら」とか「こうすべき」とか、そんな滑走中に必要のない考えが微塵も感じられない。素晴らしい集中力。そして、後から聞きましたが、ジャンプのひとつひとつにこれまでお世話になった方々への感謝の念を込めて飛んでいたそうですね。


自身の我を超えた境地、境涯に達したからこそあのスケーティングがあったのか、と感心しました。こう考えるとSPの失敗は決して無駄ではなかったのではないでしょうか。確かにメダルには届きませんでしたが、あのスケーティングは後世の人々に伝えられる素晴らしい滑りでした。


選手達の滑りを見ていると、滑走の最中の心の揺れが随所に見えるものですが、そんなものを微塵も感じさせない素晴らしい滑り。ジャンルを超えて、全てのスポーツ選手達のお手本となる演技でした。(;´Д`)スバラスィ


スポンサーサイト

見た目で競うオリンピック!ソチ2014

こんな記事を見かけました。確かに皆、美しいですね!日々のトレーニングの積み重ねか、曲線美、笑顔、素晴らしい! 種目ごとに金、銀、銅のタイトルがありました。ちなみに「フィギュアアイスダンス」の場合、金:テッサ・バーチュー(カナダ)、銀:ターニャ・コルベ(ドイツ)、銅:アンナ・カッペリーニ(イタリア)、ちなみに4位:エカテリーナ・ボブロワ(ロシア)、5位:ビクトリア・シニツィナ(ロシア)、6位にはキャシー・リード(日本)が、う~ん、確かにいいですね。


アイスダンスの場合、これって「ミスコン」?と思わんばかりの美女ぞろい。フィギュアのペアでは、金:ユリア・ラベレンティエバ(ウクライナ)がいいですね。・・・とこんなことばかり言っていると、女性から苦情が出そうですね。では、男性も・・・と始めるとラチがあきません。ここまでにしときましょう!


でも、頑張っている人は光ってますし、生き生きとしています。目には見えませんが、なにかオーラ(?)のようなものまで感じる選手も。素晴らしいです。ホント、生きてるって感じで、羨ましくさえ感じました。


いいなあ。皆、メダル目指して頑張ってきたんだろうな。努力を積み重ねて、オリンピックに出てきているはずです。日々の積み重ね、大切ですね。「地味な練習、小さな努力、続けていけば大きな成果」どこかで聞いた言葉です。


Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。